HDDは磁気消去と物理破壊によるデータ消去

株式会社ワタコー 機密データ消去サービス

  1. ホーム
  2. データ消去サービス

二重のデータ消去サービスが必要な理由

パソコンのHDDのデータは、適切に消去していますか?HDDの中には、個人情報・業務機密情報・メール情報・ID・パスワード・クレジットカード情報など 様々な情報が保存されています。パソコンの廃棄、買い替えの時など、適切にデータ消去を行わないと、思わぬ所で情報が洩れる可能性を秘めております。 また、漏れた情報によりお客様の損害に繋がる可能性も考えられる為、細心の注意が必要となります。 株式会社ワタコーでは、HDDのデータ消去に磁気消去+物理破壊による二重のデータ消去を採用しています。

■データ消去を適切に行わないと様々な情報漏洩リスクが発生します
HDDデータ消去の勧め

ファイル削除やフォーマットの落とし穴

パソコンの初期化で安心していませんか?

ハードディスクに記録されているデータは、WindowsなどのOS上から「ファイル削除」や「フォーマット」などの操作を行ってもファイルの管理領域のみが初期化され、実データ領域はHDD内に残ったままとなります。 データ復元ソフト等を利用すれば、「削除したはずのファイル」を復元できる場合があり、情報漏洩事故の重大な原因となりかねません。 株式会社ワタコーでは、パソコンやHDD(ハードディスクドライブ)の動作状態(正常・故障)に依存することなく、情報を確実に消去できる「磁気消去」+「物理破壊」による機密データ消去サービスを提供しております。

ソフトウェア消去(上書き消去)

HDDの再利用が可能な方法

ソフトウェアによるデータ消去は、無意味なデータを上書きすることで、元のデータを塗りつぶしてしまう方法を言います。 アメリカ国防総省でも推奨している方法で「確実性を保つには最低3回の上書き作業が必要」となります。 この方法では、非常に長い作業時間を要するため、近年の大容量メディアを処理するのは現実的ではなく、HDD自体は再利用が可能な為、 情報漏洩の点については、不安要素が残る方法となります。

磁気消去

HDDの再利用が不可能な方法

磁気消去とはHDDに強力な磁力をあてて内部を破壊する事を指します。磁気消去したHDDは二度と使い物にならない為、情報漏洩の危険性がありません。 外見は無傷でも内部の磁気ディスク部分や電子部品は破壊されているのでまったく使い物になりません。

物理破壊

HDDの再利用が不可能な方法

物理破壊とはHDD本体に外傷を与え、見た目で判るように壊す方法を指します。 外見は壊れていても内部の磁気ディスク部分には、データが残っている為、情報漏洩の点については、不安要素が残ります。

安全なデータ消去の知識

上記の説明から判る様に、完全なデータ消去を望む場合は、磁気による内部消去と物理破壊による外部損傷を与える方法が一番安全と言えます。 HDDを再利用させない事が重要なポイントとなります。
■磁気により内部データを消した後、物理破壊により目に見える安心を
磁気消去・物理破壊の勧め

HDDデータ消去証明書サービス

株式会社ワタコーでは、有料版、無料版と選べるHDDデータ消去証明書を用意しております。
各証明書の記載内容や特徴を下記にまとめましたのでご覧ください。

有料データ消去証明書

シリアルナンバーの記載あり・台数ごとに発行 有料版データ消去証明書

HDDデータ消去を個別に確認したいお客様には、有料のデータ消去証明書をお勧め致します。
有料データ消去証明書の発行には(1枚324円 / 税込)頂きます。
証明書は一台毎に一枚発行いたします。
証明書には、以下の内容が記されています。
作業日時 / 作業場所 / 削除担当者氏名 / HDDメーカー / HDD型番 / HDDシリアルナンバー / 容量
データ消去作業完了後、メールにてご案内致します。
有料データ消去証明書のサンプルはこちら からご覧になれます。

無料の簡易データ消去証明書

シリアルナンバーの記載なし・複数台まとめて発行 無料版簡易データ消去証明書

証明書には、以下の内容が記されています。
作業日時 / 作業場所 / 削除担当者氏名 / HDD台数 / データ消去方式 / 使用機器
データ消去作業完了後、メールにてご案内致します。
簡易データ消去証明書のサンプルはこちら からご覧になれます。

↑ PAGE TOP